株式投資の売買概要

  • バイナリーオプション比較 www.goudousai.com バイナリーオプション新規制に対応済みの日本国内の業者+人気の海外バイナリーオプションを厳選して徹底比較!

Ads by FXExtra

株式投資の売買には、証券会社が設定する売買手数料がかかります。
この売買手数料は、かつては固定手数料という一律の料金体制でしたが現在は証券会社が自由に設定できるようになりました。よって株式の売買を行う際には、その売買方法などによって自分に合った証券会社を選ぶことが大切となります。一般にはインターネット専門の証券会社などの方が手数料は安く、営業マンなどに発注する証券会社など場合は高くなっています。

そして今は株式取引のほとんどが東京証券取引所で行われています。
この他は札幌、名古屋、福岡に証券取引所があります。株式は住んでいる地域などによって取引の場所が決められているわけではありません。よって株式の流動性や取引の売買高などを考えると、東京証券取引所で売買するのが一般的です。

一部の地域密着型企業などの中には札幌、名古屋、福岡などに上場している企業もありますが、そのような企業は例外と考えてもよいと思われます。なお、かつては大阪証券取引所でも株式の売買は行われていましたが、現在は東京証券取引所に統合され、現物株式の売買は行われていません。

また、株式の売買は平日に毎日行われ、原則として朝の9時から午後の3時までとなっています。今は平日の昼間だけですが、現在取引時間の拡大も検討されています。また、PTSと呼ばれる私設取引所もあり、PTSの取引時間は夜間になっています。証券取引所とは売買できる時間が異なるということです。

PTSで取引のできる証券会社は限られますが、例えば証券取引所の取引が終わった時間帯に何らかの情報が発表された場合などはPTSで夜間取引を行うことで、次の日の取引に先駆けて株式を取得もしくは売却することが可能となります。

また、平日の昼間には取引ができないサラリーマンなどにとっては夜間に売買ができることは魅力であり、PTSによる夜間取引は今後も増加する可能性があります。このように、株式の売買方法は多種多様となっていますので、まずは自分に合った証券会社を見つけることが大切といえるでしょう。